ゴミのコンサルタント

  1. トップページ
  2. >
  3. 処分が難しいゴミ

塗料(ペンキ、インク)の処分方法

塗料(ペンキ、インク)とは

様々なものに色を付ける液体でスプレー缶や缶などで販売されています。塗料を塗るためにも刷毛や入れ物は可燃ゴミや不燃ゴミで出すことが可能です。塗料が余ってしまいしばらく使用しない場合は、油性ペンキは表面に薄くペイント薄め液を入れてしっかりと蓋をすることで乾燥を防ぐ事が出来ます。サランラップを蓋の間に入れるとさらに長持ちします。水性ペンキは、鉄の缶で保管すると鉄が錆びて使用が出来なくなりますが上記の方法で保存できますが早めに使用されるといいでしょう。

 

 

塗料(ペンキ)の処分方法

量が多い場合は販売店にお問い合わせをして相談するといいでしょう。少量の場合は新聞紙などに塗り付けて中を空にしてから燃えないゴミに出しましょう。塗料凝固剤を使用しても良いでしょう。また、袋を2重にして新聞紙を敷いてから中に垂れ流して燃えないゴミに出しても良いです。スプレー缶は、中を出し切ってから発火性の収集日に出します

↑ PAGE TOP