ゴミのコンサルタント

  1. トップページ
  2. >
  3. 処分が難しいゴミ

事業系ゴミの処分方法

事業系ゴミとは

事業を行うことで出されるゴミの事を言います。事業系ゴミは法律上では事業系一般廃棄物と産業廃棄物と分かれます。事業系一般廃棄物とは、事務作業などによって排出される少量のゴミの事をいいます。市町村によっては1回に1袋なら出すこともできますが、量が多くなると一般廃棄物の処分業者に依頼することになります。また、産業廃棄物とは、建設業の資材のゴミや工場などから出された廃棄物の事を言います。産業廃棄物と一般廃棄物の処分の方法は役所に連絡をして市町村で許可を持っている業者を紹介して頂くといいでしょう。

事業系ゴミの処分方法

事業で排出されたゴミは市町村では運搬も処分もすることはできませんので、愛知県で許可を取得した専門業者と直接契約することになります。専門業者を探す際には役所の方に相談された方が良いでしょう。事業系ゴミは基本的にリサイクルをすることを推進しています。大まかに言いますと「紙、プラスチック、鉄、ガラスなど」選別をして処分業者に依頼することになります。選別が出来なくても処分することはできますが、別で選別料を請求されるために料金が高くなりますので気を付けてください。

家電リサイクル法対象機器(エアコン、テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機)は資源ゴミになりますので粗大ゴミとして出すことはできません。市町村が指定した収集が困難なものや危険物や発火物も出すことはできません。

市町村のゴミ一覧

 

↑ PAGE TOP